6ヶ月で1,630万円儲かった

6ヶ月で1,630万円儲かった!?

その秘密は、なんと・・・とある無料メルマガにあった!!

バックナンバー非公開の人気メルマガ【小金持ち投資塾】
 その、メルマガの全貌を大公開!

ただいま、期間限定で無料レポート提供中!!

今すぐ!⇒中国株スーパーバブル攻略法!
posted by FX225 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株

優秀な銘柄選定法 長期中国株取引ルール

◇“超”は付かないけれど優秀な銘柄選定法 長期中国株取引ルール

このルールは大変ですか?それは残念です。こんな簡単なことなのに。。。
簡単すぎると疑われておりますか?それも残念です。成果を出しているのに。。。未確定分も含めてマイナスになっている銘柄が一つもございません。(14銘柄)

基本概念
中国の成長率は目覚しいものがある。BRICsのトップになるもの間近であろう。
信用性の高い情報や安全なシステムも確立されてきた今日、
中国株への投資をVISTA等が投資先として注目される中で開始しませんか?
しかも、数ヶ月だけ保有するのではなく1年以上の長期保有です。
せめて、北京オリンピック(2008年)もしくは上海万博(2010年)まで保有しましょうよ!

 無料レポート
 “超”は付かないけれど優秀な銘柄選定法 長期中国株取引ルール
   ↓
 このレポートを見る
posted by FX225 at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株

中国の株の特徴

中国の株にはA株とB株という物があります。違いは取引することができる人が違うのです。A株では中国国内投資家向けの市場として成っています。B株では外貨での取引が行われているもので投資家向けの市場でした。中国の投資家への取引も解放されています。A株とB株で基本的に違いはありませんが。指標ではA知名度などによってできる各市場における違いなどがその原因です。B株は安いのでお得なのですが試験的な市場としての側面もありA株の影響を受けることは否めません。
急速に市場経済化を進める中国本土。
その中で社会主義計画経済の最大の名残である国有企業をいかにして改革していくかが課題として残っていました。改革費用として国費をつぎ込むよりも、まずは優良な国有企業を株式市場において資金調達を行うことで、改革費用ルートを確保しようとしているのです。こうしたことで中国本土での株式市場が誕生することになりました。株式市場の投資家にとっては競争原理、市場経済というものに対する理解促進という意味で、非常に良い機会になっているようです。
本土に株式市場が創設されてからすでに10年以上たちましたが 国有企業改革のための市場という側面はあまり目立たない物になってきました。
posted by FX225 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株

管理支援ツール

全ての方に言えることだと思いますが、株価を知るためには情報を提供しているサイトに行って、チャートなどを見て参考にしているのではないかと思います。銘柄を選ぶときはいちいちコード番号を入力して、それらを表示させるというのはちょっと手間になるのではないでしょうか。便利なソフトなどで代用することはできないかと探してみると非常に便利な物がありました。それが中国株管理支援ツール「China Stock Manager」と言う物です。このソフト自体はフリーウェアとして公開されている物です。このソフトを使うと上海B株、深センB株、ハンセン株、H株、GEM、その他メインボードの株価が取得できます。
ートフォリオ管理もできて、手数料も自動計算できます、一目で損益が分かります。株価のデータをCSVで書き出せるのでエクセルを使って資料作成などが可能です。便利な機能だと思いませんか様々なサイトからデータを収集するなど何度もサイトを回ると言った手間もこれで省くことができるでしょう。
タグ:中国株
posted by FX225 at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株

中国株について

中国株には幾つかの種類があります。同じ中国株でも幾つかの種類に分けられていて種類によって取引に制限が加えられています。分けるとA株、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の5種類に分かれます。その中でも日本人に購入ができる中国株はと言うと、B株、H株、レッドチップ、そのほかの香港株の4種。A株以外の中国株は全て購入できると言うことになります。A株は株で上海と深センで取引されている中国株。
H株は株で、香港と人は購入できるが購入できない物です。レッドチップはH株と同じ物です。そのほかの香港株はH株と株で人と外国人が購入できます。中国株の情報はインターネットのサイトなどで得ることもできます。
有料メルマガなどで厳選された情報を得るという方法もあります。四季報のような物で中国株二季報などもあります。
タグ:中国株
posted by FX225 at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。